【WordPress高速化】テーマをCocoonに変えたらさらに速くなりました

以前、サーバー移転でWordPressが高速化したという記事を書きました。

さくらインターネットの新サーバーへ移行したらWordPressが高速化
さくらのレンタルサーバーは遅いという評判もありますが、新サーバー(スタンダードプラン)に引っ越したところ、WordPressが高速化しました。

引っ越し先は、月額515円という格安のさくらのレンタルサーバ スタンダードです。

サーバーの乗り換えだけでもそれなりに高速化できたのですが、WordPressのテーマを変えたらさらに速くなりました。

スポンサーリンク

WordPressのテーマをCocoonに変更

WordPressのテーマを、今まで使っていた『Simplicity2』から、『Cocoon』に変えました。

Simplicityと同じく、わいひら様作の無料テーマです。

Cocoon
SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。100%GPLテーマです。

PageSpeed Insightsでスコアを測定

テーマの変更後、すぐにGoogleが提供している PageSpeed Insights でスコアを測定してみました。

測定条件は下記の通りです。

テーマ変更直後のスコア

パソコン88
PageSpeed Insights パソコン測定結果 

モバイル73
PageSpeed Insights モバイル測定結果 

・・・なんだか微妙なスコアが出ました。

Simplicity2ではパソコン90点、モバイル80点だったので、テーマを変更する前よりも下がってしまったことになります。

Cocoonでサイトを高速化するには

Cocoonを使っている知り合いにこのことを話すと、「高速化の設定をするとスピードがあがるよ」と教えてくれました。

公式サイトでもちゃんと説明されていますね。

参考 Cocoonおすすめのサイト高速化設定

テーマを有効化した時点で高速化されていると勘違いしていたため、先走ってしまいました。

高速化の設定方法

設定を行うには、管理画面の左メニューの「Cocoon設定」から「高速化」にすすみます。
Cocoon設定

【サイト高速化】の画面が表示されます。
Cocoon設定 高速化

  • ブラウザキャッシュの有効化
  • HTMLを縮小化する
  • CSSを縮小化する
  • JavaScriptを縮小化する

の項目にチェックを入れて「変更を保存」をクリックします。

高速化設定後のスコア

高速化の設定をすませた後、あらためてスコアを測定したら以下のような結果になりました。

パソコン97
PageSpeed Insights パソコン測定結果 
モバイル95
PageSpeed Insights モバイル測定結果 

そして、スコアの下にある「適用済みの最適化」の詳細を表示すると、「CSSを縮小する」などのCocoon設定が反映されているのがわかりました。
PageSpeed Insights 適用済みの最適化

ちょっとした設定をするだけで、これらの対策ができてしまうなんてありがたいですね。

こんなすばらしいテーマを無料で提供して下さっているわいひら様に感謝です。

ちなみに、公式サイトによると、

早いサーバで、テーマのみ(プラグイン無し)で計測すれば100点も可能です。

Cocoonおすすめのサイト高速化設定

とのことです。