コンデジで月を撮影 ニコン COOLPIX P610

光学60倍ズームのニコンのコンデジCOOLPIX P610で月を撮影しました。

こういう写真、撮ってみたかったんですよね。あえて日の丸構図にしています。
コンデジで月を撮影 P610
昼間の月はふつうにズームしてシャッターを切るだけで、
クレーターまでくっきり写すことができました。

コンデジで満月を撮影 P610
夜に出ている月はマニュアルモードで
いろいろ設定をいじる必要があったため、ちょっとだけ手間がかかりました。

スポンサーリンク

簡単に月が撮れる「月モード」がある

ところが、この写真を撮ったあとで
P610には簡単に月が撮影できる「月モード」があるのを知りました。
はじめからそれで撮ればよかった・・・。

ちなみに下でピックアップしているB700、P900にも月モードがあります。

月の撮影にオススメのコンデジ

P610をおすすめしたいところですが、
現在は中古でしか手に入らないかもしれません。

ほかのコンデジで月を撮りたい場合、
「COOLPIX B700」がおすすめです。
P610と同じく光学60倍ズームの超望遠コンデジです。

さらに大きく撮りたいなら
光学83倍ズームのCOOLPIX P900です。

P900に関してはこんな本もありました。
土星の輪が撮れるってスゴイですね。

デジタルカメラマガジン2016年4月号にもP900の記事が掲載されています。

月や星の撮影の参考に。

この記事でご紹介している本は
AmazonのKindle Unlimitedで読み放題です。
(2017年9月14日現在)