【使用レビュー】モンベル アームカバー(クールフィンガーレスグローブ)

モンベルのアームカバー(WIC.クールフィンガーレスグローブ)を購入し、何回か使ったのでレビューします。

モンベルには、ライトトレールアームカバーや、ジオラインメッシュ サイクル アームカバーなどのアームカバーがありますが、私が使っているのは「ウイックロンクール」という素材でつくられたアームカバーです。

スポンサーリンク

ウイックロンクールとは?

ウイックロンクールの機能をざっくりまとめてみました。

  • 汗をすばやく吸ってすぐに乾く
  • 抜群の通気性でムレを防ぐ
  • 光触媒効果でにおわない。効果は半永久的。
  • べたつかずサラッとした肌触り
  • 高いUVカット効果(90%以上)

見た目ではわかりませんが、こんなに多機能なんですね。
実際に使ってみて効果があったかどうかは、後述します。

ウイックロンクールのアームカバー

そんな優れものの素材「ウイックロンクール」を使用したアームカバーには以下の3種類があります。

WIC.クールアームカバー

【カバーできる範囲】
二の腕から手首まで

【カラー】
ブラック、カーネーションピンク、ライトライム、シルバー

【サイズ(男女兼用)】
S、M、L

WIC.クールフィンガーレスグローブ

【カバーできる範囲】
二の腕から手の甲まで

【カラー】
ブラック、カーネーションピンク、ライトライム、シルバー

【サイズ(女性用)】
S、M、L

クール シェイドカフ アームカバー

【カバーできる範囲】
二の腕から手の甲まで(手の甲を覆う日除けカバーがついています)

【カラー】
ブラック、カーネーションピンク、シルバー

【サイズ(女性用)】
S、M、L




実際に使ってみた感想

山歩きや日常の外出などで5回ほど使った感想です。

細かな工夫がうれしい

モンベルのアームカバーには、使う人にとってうれしい工夫がなされていました。

サイズが調節できるゴム

いちばん感心したのは、二の腕にあたる部分についているゴム。写真に写っている黒いひもみたいなものです。
これを引っ張ると、締め付け感が調節できるのですごく便利です。
せっかくアームカバーを付けていても、腕にフィットしないとずり落ちて肌が露出してしまいますからね。
モンベル アームカバー フィット感を調節できるゴム

滑り止め

手のひら側に滑り止めがついています。
モンベル アームカバー 滑り止め
トレッキングポールが握りやすいですし、私はカメラを持って歩くことが多いので重宝しています。
車を運転するときも助かりました。

通気性

薄手の生地で付け心地はよく、汗をかいてもべたつきません。
安物で何の機能もないアームカバーを使っていたときは、夏は暑くて長時間付けていられませんでしたがウイックロンクールはOKでした。

速乾性

使った日の夜に洗い、手絞りして干すだけでも翌朝には乾きます。
生地が傷むような気がするのであまりかたく絞らないようにしているのですが、それでもちゃんと乾きました。

なお、ウイックロンクールには柔軟剤が使えません。
柔軟剤なしで洗ってもゴワゴワにならないので大丈夫ですよ。

防臭効果

汗をかいてもニオイが気になったことはなかったです。

UVカット効果

例年に比べてあまり日焼けしていないので、UVカット効果を実感しています。
もちろん、アームカバーだけで100%紫外線をカットできるわけではないので、心配な場合は日焼け止めを併用したほうがよさそうですね。

うれしい機能が盛りだくさんのモンベルのアームカバー、アウトドア派じゃない方にもおすすめです。