さくらインターネットでWordPressをSSL化した手順

さくらインターネット間(スタンダードプランからスタンダードプランへ)でWordPressを移行したときの備忘録の最終回です。

参考 さくらインターネットにWordPressを移行した手順まとめ

今回は常時SSL化する手順を書いていきます。

スポンサーリンク

SSL設定を有効にする

WordPressをSSL化するには、まずさくらインターネットのコントロールパネルでSSLの設定を行います。

ドメイン名とパスワードを入力してコントロールパネルにログインします。
さくらのレンタルサーバ コントロールパネル ログイン画面

左側のメニューにある「ドメイン/SSL設定」をクリック。
さくらのレンタルサーバ コントロールパネル ドメイン設定

【ドメイン一覧】画面で、設定するドメインの「登録」をクリック。
さくらのレンタルサーバ コントロールパネル ドメイン一覧

【SSLサーバ証明書概要】が表示されます。「無料SSLの設定へ進む」をクリック。
さくらのレンタルサーバ コントロールパネル SSLサーバ証明書概要

【無料SSL証明書について】の画面で「無料SSLを設定する」をクリックします。
(無料SSL証明書機能を利用するには、Let’s Encryptの利用ポリシーに同意する必要があります)
さくらのレンタルサーバ コントロールパネル 無料SSL証明書について

設定が完了すると、[さくらインターネット]SSLサーバ証明書発行のお知らせという件名のメールが届きます。

常時SSL化プラグインの設定

設定完了のメールが届いたら、常時SSL化プラグインの設定を行います。

WordPressにログインして、管理画面の左メニューの「プラグイン」から「インストール済みプラグイン」にすすみます。
WordPress管理画面 プラグインメニュー

「SAKURA RS WP SSL」の有効化をクリック。
SAKURA RS WP SSL

インストール済みプラグインの中に「SAKURA RS WP SSL」がない場合は、「さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン 」で検索してインストールします。

内容がチェックできたら「SSL化を実行する」をクリック。
SAKURA RS WP SSL 設定画面

URL設定の変更

続いて、WordPressのURLを変更します。
管理画面の左メニューの「設定」から「一般」にすすみます。
WordPress管理画面 設定メニュー

【一般設定】画面が表示されます。
「WordPress アドレス (URL)」「サイトアドレス (URL)」欄の「http」を「https」に書き換えて「変更を保存」をクリック。
WordPress管理画面 URL設定

Search Regexでリンクを修正

最後に、記事中の内部リンクを「http://~」から「https://~」へ変更します。

今回は「Search Regex」というプラグインを使いました。
詳しい使い方は検索で見つかりますので、ここでは簡単にご紹介させていただきます。
Search Regex

インストールして有効化ができたら、左メニューの「ツール」から「Search Regex」にすすみます。
WordPress管理画面 ツールメニュー

Search Regexの画面が表示されました。
下の画像は、記事内の「https://kurashi72.net」を「https://kurashi72.net」に置き換える場合の例です。
Search Regex
Search patternに検索する文字列、Replace patternに置き換える文字列を入力して、「Replace」をクリックします。

検索結果が表示されました。
上段(緑色の部分)の文字列が、下段(黄色の部分)のように置き換えられることがわかります。
この時点ではまだ置換されていないので、内容に間違いがないかしっかり確認しましょう。
Search Regex
「Replace & Save」をクリックすると、一括置換と保存が行われます。
この操作は取り消しができませんので、もし間違って置換してしまうと大変なことになります(^^;)

私は、置換の前に移行作業で利用したプラグイン「All-in-One WP Migration」でバックアップをとりました。

All-in-One WP MigrationでWordPressを移行する
WordPressの引っ越しでAll-in-One WP Migrationを使う際の手順と注意点をまとめました。