富士フイルム X-A3 アドバンストフィルターは楽しい!

FUJIFILM X-A3の使い方ブログ
富士フイルムX-A3で「アドバンストフィルター」機能を使ってみました。

アドバンストフィルターを使うと「トイカメラ」や「ソフトフォーカス」などいろいろなフィルター効果を加えた写真が撮影できます。

この機能は、他のカメラメーカーでは下記のように呼ばれています。

  • キヤノン:クリエイティブフィルター
  • ニコン:スペシャルエフェクトモード
  • オリンパス:アートフィルター
  • パナソニック:クリエイティブコントロール
  • ソニー:ピクチャーエフェクト
  • ペンタックス:デジタルフィルター
スポンサーリンク

アドバンストフィルターの使い方

カメラ上部のモードダイヤルを Adv. に合わせます。
X-A3 アドバンストフィルターの使い方

この画面でMENU/OK ボタンを押すと、フィルターの選択画面が表示されます。
X-A3 アドバンストフィルターの使い方

いくつかのフィルターを使って撮影してみました。

アドバンストフィルターの作例

トイカメラ

レトロな雰囲気のあるトイカメラ風な写真に仕上がります。
X-A3 フィルター トイカメラ

ポップカラー

コントラストと彩度を強調します。

X-A3 フィルター ポップカラー

ハイキー

全体の階調表現を明るくし、コントラストを抑えます。

X-A3 フィルター ハイキー

魚眼

魚眼レンズのような効果が得られます。

X-A3 フィルター 魚眼




ソフトフォーカス

全体にぼかしを加え柔らかな雰囲気を与えます。

X-A3 フィルター ソフトフォーカス

クロススクリーン

光源の光を放射状に強調します。

X-A3 フィルター クロススクリーン

パートカラー

次は、この雪だるまのオーナメントをパートカラーというフィルターで撮影します。
X-A3レビュー アドバンストフィルターの使い方
実際は上の写真のような色をしていますが、パートカラーで特定の色だけ残してみましょう。

X-A3 フィルター パートカラー(レッド)
パートカラー(レッド)
赤色の色域だけを残し、残りをモノクロにします。

X-A3 フィルター パートカラー(グリーン)
パートカラー(グリーン)
緑色の色域だけを残し、残りをモノクロにします。

 

その他のフィルター

X-A3には、ほかにも以下のようなフィルターがあります。

ミニチュア
ジオラマ風に上下をぼかします。

ローキー
全体を暗く落ち着かせつつ、ハイライト部を強調します。

ダイナミックトーン
ダイナミックな階調表現で、幻想的な効果を加えます。

パートカラー(オレンジ)
オレンジ色の色域だけを残し、残りをモノクロにします。

パートカラー(イエロー)
黄色の色域だけを残し、残りをモノクロにします。

パートカラー(ブルー)
青色の色域だけを残し、残りをモノクロにします。

パートカラー(パープル)
紫色の色域だけを残し、残りをモノクロにします。

手軽に”アートな写真”が撮れる「アドバンストフィルター」、楽しいですよ。

X-A3に関する記事はこちらでどうぞ
X-A3の記事一覧